2019年8月23日制定
近時コミュニケーションツールとして、いわゆるソーシャルメディア(個人の発信・コミュニケーションをおこなうことが可能な場・仕組みと定義します)が広く一般に広がっていく中、企業においても重要性が増しています。そのような状況のもとで、TAYLORS llc(以下「当社」といいます)に属する者が、誤った内容・姿勢で発信・コミュニケーションをおこなえば、その者自身や当グループ、当グループ各社への信頼性を損ねる結果になり得ます。

本ポリシーは、当社として望まない上記のような結果を回避し、社会・ユーザーと良好な関係を築くことを目的として、当グループに属する者がソーシャルメディアを利用するにあたって遵守すべき姿勢・行動につき、以下のとおり定めます。

●法令・社内ルールの遵守
ソーシャルメディアの利用・情報発信は、関連する法令、社内ルールを遵守しておこなうこと。当グループ、または当グループの提供するサービスと関連する発言をする場合は、社内ルールに従い所定の手続きをとること。

●インターネットの特性の理解
一度発信した内容は、世界中に広がる可能性があること、永遠に残り続ける可能性があることを理解すること。

●発信における姿勢・責任
自分の発信が、自分自身だけでなく当グループの評価となり得ることを理解して、責任ある行動をすること。感情的・好戦的な態度をとらず、相手の発言を傾聴する姿勢を持つこと。

●当社との関係の明示当
グループに関する発信をおこなう場合には、当グループとの関係を明示しておこなうこと。

●免責事項の明示
当社に関する発信をおこなう場合には、発信内容があくまで個人的な見解であり、必ずしも当グループとしての公式な見解・発表ではないことを明示すること。

●第三者の著作権・名誉等の権利侵害行為の禁止
第三者の著作権、誹謗中傷による第三者の名誉、その他権利侵害行為をおこなわないこと。第三者の発信内容・記事等を引用する場合は、その出所および引用部分がわかるように明示すること。

●社外秘情報、お客様およびお取引様情報の公開禁止
秘密保持義務に従い、機密情報その他社外秘情報を公開しないこと。お客様およびお取引先様情報に関し、当グループとお取引があることも含め、当該お客様およびお取引先様の許可なく公開しないこと。

●個人情報、プライバシーへの配慮
個人情報・プライバシーに関する内容を含む発信は控えること。

●お客様、お取引先様およびご利用者のみなさまへ
ソーシャルメディアにおける当グループ各社社員からの情報発信のすべてが必ずしも、当グループ各社の公式発表・見解をあらわすものではありません。
当グループ各社の公式な発表・見解の発信は、当グループ各社のWEBサイトおよびプレスリリースなどでおこなっております。
ソーシャルメディアポリシーおよびソーシャルメディアの利用に関するお問い合わせは、お問い合わせ窓口にお問い合わせください。

<ソーシャルメディアポリシーに関するお問い合わせ先>
TAYLORS llc メディア情報相談係
〒151-0061 東京渋谷区初台2-28-13 3F
TEL:03-5351-6324(代表)Fax:03-5351-6324
higashibara@taylors.co.jp

PageTopへ ↑